PASPY:トップページ > ご利用方法 > チャージについて

チャージについて

PASPYはチャージ(入金)をしてカード内残額を積み増すことにより、繰り返してご利用いただけます。

金額は1,000円単位です。カード内には最大20,000円までチャージできます。

チャージについて

バス内でのチャージ方法
1.乗務員へ、チャージ金額をお申し付けください。(乗務員の操作後は液晶画面にガイダンスが表示されます。)
2.乗務員の操作後、カードリーダーにPASPYをおいてください。
3.運賃箱紙幣挿入口に1,000円札を挿入してください。
4.液晶画面に「チャージ終了しました」と表示されたら、PASPYをお取りください。
広電電車車内でのセルフチャージ方法

・広電電車の車内では、お客様の操作により簡単にチャージできます。
・チャージ額は、1回の操作につき1,000円です。
(例:2,000円チャージする場合には、2回操作が必要です。)

1.チャージボタンを押してください。(ボタンを押すとガイダンスが表示されます。)
2.カードリーダーにPASPYをおいてください。
3.紙幣(1,000円札1枚)を挿入してください。
4.再度、カードリーダーにPASPYをおいてください。(「チャージが完了しました」と音声がしましたら完了です。)
電車車内でのセルフチャージの説明図
バス・電車車内でのチャージに関するご注意 ※車内でのチャージは、1,000円札のみ使用できます。(一部の車両では2千円札、5千円札、1万円札でもチャージできます。) ※カード内残額が10,000円を超えている場合、車内でのチャージはできません。 ※バス車内でのチャージは、停車中にお願いいたします。 ※チャージ金は、お釣りが要らないようにご準備ください。 ※紙幣は、紙幣挿入口に入れてください。乗務員へ直接渡したり、硬貨・整理券の投入口には入れないでください。 ※車内でのチャージでは、領収書の発行はできません。 ※事業者により、一部操作方法が異なる場合があります。
自動チャージ機でのチャージ方法
1.自動チャージ機のポケットへ、PASPYを投入してください。
2.チャージする金額ボタンを押してください。
3.紙幣を挿入します。
4.チャージ金額分の紙幣を挿入すると、完了です。
5.領収書が必要な場合は、「発行」ボタンを押してください。(PASPYを抜き取ると領収書の発行はできません。)
6.完了後、PASPYをお取りください。

※PASPYとお釣りのお取り忘れにご注意ください。

自動チャージ機の説明図
窓口でのチャージ方法
1.受付係員へ、チャージをお申し付けください。
2.チャージ代金と、PASPYを係員へお渡しください。
3.係員よりPASPYをお受け取りください。
窓口でのチャージの説明図

 
ページの先頭に戻る

アストラムラインでのチャージについて

PASPYは各駅の自動券売機、のりこし精算機、窓口でチャージしていただけます。

金額は1,000円単位です。カード内には最大20,000円までチャージできます。

自動券売機でのチャージ方法
チャージ金額は1,000、2,000、3,000、4,000、5,000、10,000円の中からお選びください。

自動券売機の写真

(1)画面左の「ICカード」をタッチし、PASPYを挿入し「チャージ・履歴」をタッチしてください。

チャージ・履歴の画面

(2)ご希望のチャージ金額をタッチし、現金をお入れください。

のりこし精算機でのチャージ方法
チャージ金額は1,000、2,000、3,000、4,000、5,000、10,000円の中からお選びください。 (残額不足の場合は「出場時に残高不足になった場合」をご覧ください。)

のりこし精算機の写真

(1)PASPYを挿入してください。

のりこし清算の画面

(2)ご希望のチャージ金額をタッチし、現金をお入れください。

ATM機でのチャージについて

広島県内の広島銀行及び広島信用金庫、呉信用金庫、しまなみ信用金庫、広島みどり信用金庫の一部ATM機でPASPYにチャージすることができます。
詳しくは広島銀行及び各信用金庫へお問い合わせください。